スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネックレス  ジャスパー、パイライト、ウッド         ~ In the forest ~

1ジャスパー小


小ジャスパー3


ジャスパー4小




ドロップ型のジャスパーとインドの木のトップのネックレスです。



華やかな印象のデザインですが、


ジャスパーがマットで素朴な質の石なので パーッとした華やかさというより、落ち着いた深い魅力があります。


間の小さいパイライトという石のカットもまた、さりげなくキラキラします。



私なら深紅の洋服に合わせてつけたいですね^m^



森林




■ジャスパー

正直で素直であるように促す石



ジャスパーは、素朴ですがとても深い美しさを持つ石です。

そして、大地が持つようなどっしりと落ち着いたエネルギーを持ちます。



ジャスパーは持つ人に正直で素直であるように促します。


人の意思に左右されない強さと、自分自身である為の信念を持つようにサポートしてくれる石です。


自信を持って自分自身の人生を歩いていく為に必要な、広い視野と洞察力、そして勝負強さを高めます。


大地を象徴する石であるジャスパーは全体的に非常に安定感の強い石で、

持つ人にとって無意識レベルで自然と繋がる為のサポートとなります。


それにより得られる安心感と安定感によって、心身の緊張感を緩め、人生をしっかりと歩んでいけるようにサポートします。





■■ジャスパーのヒーリングパワー■■

問題に取り組む勇気
正直で素直であるように促す
広い視野と洞察力
グラウディング
人のエネルギーに左右されない
信念を強める
勝負運
リラックス
自信






■パイライト


パイライトは非常に強い邪気払いの石の一つです。


霊的なものというよりは、どちらかというと人の悪意や環境的なレベルでのネガティブなエネルギーから持ち主を守ります。


身体の周囲に防御フィールドを作るような、魔よけの護符といったイメージの石です。


人の為に尽くしすぎる人に自分自身を犠牲にしないで人と付き合う方法を潜在意識レベルで伝えてくれるようなエネルギーを持ちます。





パイライトは一見すると金にも見間違いそうに見える、硫黄と鉄で構成された硫化( りゅうか ) 鉱物の一種です。


そのため、「フールズゴールド:愚者の黄金」とも呼ばれる事があります。


パイライトの名前はギリシア語の火花に由来するもので、ハンマー等で強く叩くと、火花が飛び散る事から火打石としても用いられました。



現在では加工品でというよりは、この完璧に見える原石の結晶状態を楽しむ石として人気が高いパイライトですが、

18世紀頃には「マルカジット」というダイヤモンドの代用のジュエリーとして非常に人気がありました。


最も人気が高かったのは20世紀初期で、ロンドンを中心に爆発的な人気があったといわれています。


現在でも「マルカジット」はアンティークジュエリーとして人気がありますが、コンディションの良いものが少なく、希少性が高まっていると言われます。




■■パイライトのヒーリングパワー■■

ネガティブな人の意思、怨念などから守る
危機回避のお守り
グラウンディング
分析力を高める
犠牲心を緩和する


スポンサーサイト

テーマ : ハンドメイドアクセサリー
ジャンル : ファッション・ブランド

     

コメント

Secre

     
Profile

Hitomi

Author:Hitomi
お客さまお一人お一人の個性に合わせ、遊び心溢れるアクセサリーをお作りする
Aqliya(アクリーヤ)の井上瞳と申します。


Aqliyaは完全オーダーメイド。

お客さまのお好みなどを伺い、お似合いになる色、質感、大きさなどご提案しながら
その方が手に取って笑顔になる、ワクワクできる一品を心込めてお届けします。


「どこで買ったの?」といわれるような表情豊かな印象的で存在感のあるアクセサリー。

私らしさ、私の個性を「すてき!」と喜べるようなアクセサリー。

しかも、上手にコーディネートの主役になれるアクセサリー。

そんな作品ばかりです。


様々な年代の方から、「着けるだけで楽しくなる」「気持ちが上がる」とご好評いただいております。


フルオーダーの際は、お客様とのデザインの打ち合わせ後、製作に取りかかります。

ご希望のかたには色布(ドレープ)を使ってパーソナルカラー診断の上、
お肌、髪、目の色に合った色、質感、体型に合った形、長さ、大きさなどをアドバイス。

ふくよかな方はすっきりと、小柄な方はすらりと。あなたらしさを最高に演出いたします。


神戸生まれ、神戸育ち。子どもの頃から物を作るのが大好きでした。

学校でも家でも、絵を描いたり、ビーズを繋げたり、粘土をこねたり、木を彫ったり・・
時間の経つのも忘れるほど熱中しました。

高校生になると、美術館めぐりが趣味となりました。

もともと「一度見たものを後で再現する」ことが得意で、
このころ美術館で見た歴史的アートが今のアクセサリー作りに生かされています。


アクセサリー製作のきっかけとなったのは「着けたいアクセサリーがなかった」こと。

様々な店を回りましたが、着けたいものに出会えず、自然と自分で作るようになりました。

それが「いいね」といわれるようになり、
友だちや知人・お世話になった方にプレゼントする内に口コミで広がりました。

これまで200点余りお作りして(お買い上げいただいて)おります。


これからもお客さまの個性がきらきらと輝き、
いつも楽しい気持ちでいられるような作品作りをしてまいります。

カジュアルだけれど、カジュアルすぎない。

人と同じはイヤ、でもがんばりすぎない、さりげないオシャレを楽しみたいあなた、
ご用命をお待ちいたします。


ギフトでのご利用も承ります。
その場合、プレゼントされたい方の写真がございましたら、そこからイメージしてお作りいたします。


なお、毎年五月の連休と秋に、神戸北野の英国館で出店しております。

詳しくは「出店情報」をご覧ください。


Aqliyaとは、アラビア語で「知性」を意味します。遊び心のなかに知性のスパイスを効かせています。

Collection
e-mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
Aqliyaのブログ内の検索
QR
QR
Link
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。